看護師単発バイトのデメリット

看護師単発バイトのデメリット


看護師単発バイトのデメリットも少なからずあります。

今後もずっとバイトやパートを続けていく方にとっては特にでメリットに感じないかもしれませんが、今後は常勤としていずれ働きたいと考えている方にとっては慎重に考えたい所です。

単発バイトをする方には色々な方がいます。

子育て中で常勤は難しい方、プライベートを重視したい方、自分のペースでゆったいりと働きたい方など様々です。

今後は常勤として働きたい方のデメリットですが、パートやバイトの期間は経験年数に加算されないのが一般的です。

特に公立や国立病院はシビアなので、何年もバイトやパートで頑張って働いても経験年数は少ないままになり、基本給やボーナスも少なくなります。


基本給は少なくカウントされるのに、職場では経験者の扱いなので自分で仕事を覚え職場に馴染む努力をしなくては勤まりません。

今後もずっとバイトやパートでと考えている方には、ボーナスや退職金、年休、厚生年金がないのがデメリットと言えます。

若いうちは退職金や厚生年金の事など考えないかもしれませんが、ある程度の年齢になれば数百万円単位で収入が変わってしまいます。


少し無理をしても育児短時間勤務制度がある病院や残業なし、土日休み、年休消化100%などの好条件の求人を探して無理なく常勤で働いたほうが良い場合もありますよ。