健診バイトの事前研修

健診バイトの事前研修

健診のバイトって短時間だし、ママさんナースも働きやすいって言うけど...健診の仕事はしたことがないから心配って思いますよね。

出産後数年間ブランクがあって、病院やクリニックは自信がないなぁ...て言ったら、健診バイトを紹介されたけど、ブランクがあっても大丈夫かしら?
ってこともありますよね。

でも大丈夫d(^_^o)

事前研修でしっかり知識や技術を学ぶ事が出来るんですよ。

ナースの健診での仕事内容は主に問診、血圧測定、採血です。

また、必ずではありませんが、眼底検査を行うこともあります。

学校健診業務になると、心電図や貧血検査なども行います。

こういった健診の仕事で必要とされる内容は、しっかりと教えてもらう事ができるんです。

事前研修の初日は、健診についての知識、言葉遣いなどの一般的なマナーなどを学びます。

健診は、病院受診と違い健康な人が受けるものですから、完全なるサービス業に鳴ります。

患者さんではなく、お客様という認識で接することなどを学びます。

二日目からは実技の研修です。

健診で使っている血圧計の使い方、水銀計による血圧測定の練習をします。

採血では、真空管採血の手技などを学びます。

2人一組で、実際に採血をします。

採血は苦手意識の強い方もいますし、ブランクがあってなかなか自信がつかない方は、健診センターの職員も練習台として協力してくれます。

失敗は健診を受けに来た方にとって嫌な事ですから、自信がつくまで練習させてくれますよ。

また、眼底検査はほとんどのナースが未経験ですから、非常に丁寧に教えてもらえます。

学校健診に回るナースは、心電計の機械操作を学びます。

子供が相手なので、心電図検査に対する恐怖心などもあり、いかにリラックスさせて心電図を取るかポイントなども教えてもらえますよ。

貧血検査も未経験なナースがほとんどですね。

耳介からの採血で針や注射器は使いません。

血管にうまく針を刺せないという注射が苦手なナースでも、コツさえ覚えれば簡単な検査です。

こういった内容の研修を事業所によっても異なるとは思いますが、1〜2日間ほど行います。

健診会場では、時間に追われますから、研修のうちにしっかりと覚えておきたいですね(^_−)−☆