夜勤専従のライフスタイルについて

夜勤専従のライフスタイルについて

夜勤専従のライフスタイルについてですが、大体の病院では、2交代制の病院の場合、夜勤入りが16時頃で夜勤明けが9時頃というような場合が多いみたいですので、ほぼ昼夜逆転の生活を強いられるようになると思います。

また、ある病院では夜勤の30分から1時間前に出勤をして夜勤の準備をしたり情報収集を行ったりするという場合もあるみたいなのですが、これはタダ働きをすることと変わりないですので、断っても問題ないと思います。

ただ、自分の先輩などが来ている場合には、タダ働きだろうがなんだろうが行かないと行けないみたいですので、結構過酷だと思います。

しかし、病院によっては夜勤も落ち着いたところがあるので、勤務が楽なところも多いようですし、自分に合っていて精神的にも肉体的にも過酷過ぎないような職場選びをすることがとても大切だと考えられます。

何故なら、忙しい病院の場合や夜勤が大変な病院になると結構過酷で夜勤入りの時間が早まってしまうことも十分ありえますし、体力的にもきついことになる可能性も考えられるからです。

夜勤が過酷ではない職場なら、自分の時間を持つことができるのですが、過酷な病院になると、自分の時間もなく、疲れて一日中眠ってしまうことになると考えられます。